INTERVIEW

Lad's Dining 店長 中村さん

<DDCの魅力>

DDCは夢を持つ人を応援してくれる会社です。私は最初バイトとしてこの会社に勤めだしたのですがその面接時から自分の夢を話ていたので上司やオーナーから社員にならないかという話を頂いて、いまでは店長にまでして貰えています。夢がある人はもちろんない人でも楽しく働ける職場だと思っております。

<DDCのやりがい>

1店舗を任せて貰えているので 自分のお店作りができ、それがやりがいに繋がっています。 私はバーテンダーになりたくて東京に来たので その話をした時にオリジナルカクテルを考えて提供していいよと言ってもらえ その感想をお客様に直接聞ける事が私のモチベーションにも繋がっています。

<今後の目標>

いつか独立して自分のお店を持つことです。 その為にもいまLad'sDiningで色んなことを学びながら楽しく働いています。

Lad's de wine 店長 久野さん

<DDCの魅力、やりがい>

社員1人1人の裁量が大きく、新しい料理、飲み物1つにしても、提案すれば スピード感早くメニュー化され、お客様の反応をダイレクトに感じられることです。 これはチェーンの飲食店などでは中々できないことですね。 自分の作ったメニューでお客様が喜んでくれる。自分の接客で感動してくれるなど、 飲食ならではのやりがいを、入社間も無く感じさせてくれる会社です。

<今後の目標>

FC含めて多くの業態を持っている会社なので、 様々なことが学べ、チャレンジできる環境にいるので、 チャレンジし続け失敗と、成功体験を繰り返し、 それを糧に自分の店舗を持ちたいです。

焼肉酒場2919 店長 河内さん

<DDCの魅力>

お店でお客様との触れ合いや仕込みや調理、提供などのオペレーション等で気づいた点を発言し相談しやすいこと。 将来的に独立を考えている社員が多く良い刺激がある所等です。

<DDCのやりがい>

僕が店長をさせていただいている店舗は小規模なドラム缶焼肉屋なので近隣のサラリーマンやOLや経営者の方々や近隣の飲食店で働くマスターやスタッフの方々がお客様に多く、すぐに皆さんと仲良くなれる環境なので仕事してる感覚と言うよりかは色々な業態のお客様と会話ができ楽しく仕事ができ、自分の仕事ぶりでお客様も楽し時間を共有できていると感じることや、焼肉屋さんならではで 仕入れにより様々なお肉を知り調理技術や知識が向上したり、そのお肉や切り方に合わせた盛り付けを試行錯誤したり、お客様にベストな状態で美味しく食べていただけるような提案をしたり、シンプルではありますが、そういった事がやりがいとなっております。

<今後の目標>

まだまだお店を知らない方々が たくさんいますので まずは飯田橋や神楽坂の方々、 インスタ等のSNSを活用し 都内の方々にドラム缶焼肉の 魅力を発信していき毎日繁盛するお店にしていきたいです。

MAISON CRÊPERIE  鳴海さん

<DDCのやりがい>

渋谷に1店舗のみでチェーン展開されておらず、アルバイトスタッフでもメニューに対する意見、新メニューの提案ができます!
こんな会社はなかなか無いと思います。
渋谷の人たちにどんなクレープが合うのか?日々試行錯誤しながら楽しく営業しています!

私が考えるDDCの魅力は良い意味でアルバイトと社員、部下と上司の距離感が近いということです。世の中の会社はカーストがしっかり構成されているなか、あまり自分の意見、提案が通らないということをよく耳にしますが、DDCではより良いお店を目指すにあたって自分の中で考える提案を上司に情報共有すると必ず肯定していただき、すぐに実行させて頂けます。また、部下と社員の関係だけでなく、アルバイトとの距離も近く、まだ入社して1ヶ月余りですが、私の場合、アルバイトの皆さんと良いお店作り、仕事環境を目指しているため、アルバイトが提案してきた意見などもしっかり向き合い、それを上司に共有する様に心がけています。そういった点では、ラフ過ぎず、カジュアルな仕事環境に魅力を感じております。